人気記事 カテゴリ別記事 サービス セミナー 公式LINE お問い合わせ

どんな記事をお探しですか?

HOME > SNS

初心者必見!インスタグラムマーケティングを成功に導く戦略・コツを解説

初心者必見!インスタグラムマーケティングを成功に導く戦略・コツを解説
x

若者を中心に利用されているインスタグラムは、企業のマーケティング活動でも役立てられるSNSです。インスタグラムは世界的にも有名なSNSとなっているため、企業が取り入れることでターゲットに向けたアプローチができます。

しかし、これまでインスタグラムマーケティングを実施したことがない担当者は「どのようにインスタグラムを活用すればいいのかわからない」という悩みもあるでしょう。
当記事では、インスタグラムマーケティングの詳細から実施するメリット・デメリット成功に導く戦略・コツについて詳しく解説します。

インスタグラムで求められる”顧客を獲得するノウハウ”を理解できるので、ぜひ参考にご覧ください。

インスタグラムマーケティングとは

インスタグラムマーケティングとは

インスタグラムマーケティングとは、インスタグラムを活用しながら自社商品・サービスのアプローチを行うマーケティング手法です。
商材の販売促進だけでなく、自社ブランディングの向上や集客としても活用されています。

インスタグラムは写真や動画などの視覚効果が高く、商材の魅力をユーザーに伝えやすいSNSです。
XやFacebook、TikTokといったSNSと合わせてマーケティング活動を行うことで、幅広い顧客を獲得できます。

デジタルマーケティングが主流となっている現代では、インスタグラムマーケティングに力を入れている企業も少なくはありません。

インスタグラムの特徴

インスタグラムは、写真や動画を投稿することに特化したSNSです。
XやFacebookなどのSNSは文章がメインになっているため、インスタグラムとは特徴が少し異なります。

写真や動画から内容を視覚的に理解できるので、文章を読む負担が軽減されています。
また、インスタグラムには「#(ハッシュタグ)」という機能があり、投稿に商品のブランド名など特定のキーワードを追加することで検索結果に表示されるようになります。

SNSから情報を調べるユーザーが増えている現代では、ハッシュタグの活用が効果的です。
さらに24時間のみ公開できる「ストーリーズ」や短尺動画フォーマットである「リール」といった機能も追加されています。

視覚効果が高い商材を取り扱っているなら、インスタグラムの活用をおすすめします。

インスタグラムのユーザー層

インスタグラムは、10代〜30代のアクティブユーザーが中心となっています。
とくに女性ユーザーの割合が多く、美容やアパレル、食品などのコンテンツが多い傾向にあります。

インスタグラムのユーザー層に合った商品・サービスを紹介すれば、投稿をきっかけに購入へとつながる可能性も高いです。
若者に向けた商材の認知度向上や売上向上を目指すなら、インスタグラムは相性が良いでしょう。

インスタグラムマーケティングを実施する5つのメリット

インスタグラムマーケティングを実施する5つのメリット

インスタグラムマーケティングを実施することで、以下のような5つのメリットがあります。

  1. 視覚効果が高い
  2. 購買意欲を高められる
  3. ブランディング効果を期待できる
  4. 認知度拡大につながる
  5. 拡散を狙える

それでは順番に説明します。

1.視覚効果が高い

インスタグラムは写真や動画などの投稿がメインになるため、ユーザーへの視覚効果が高いです。
視覚効果が高いコンテンツはユーザーの理解を緩和させられるので、文章を読むことが苦手な人にも内容を伝えられます。

例えばアパレルやコスメといった商材は、見た目をアピールしてユーザーからの興味・関心を得られます。
これまで自社を認知していなかったユーザーとも接点を持てるため、視覚効果が高い点はインスタグラムマーケティングを実施するメリットの1つです。

2.購買意欲を高められる

インスタグラムから魅力的な写真や動画を投稿すれば、ユーザーの関心・購買意欲を最大限高めるアプローチが可能です。
ユーザーは何らかの悩みを持っているため、解決できるコンテンツを提供することで共感性を得られます。

そのためには、ユーザーのニーズを満たしたコンテンツを投稿する必要があります。
インスタグラムにはショッピング機能も搭載されており、外部サイトを経由せずに商材を販売できます。

ユーザーの購買意欲を高めれば売上向上につながるので、商材を取り扱う企業にとっては大きなメリットになるでしょう。

3.ブランディング効果を期待できる

インスタグラムでは、投稿した写真や動画を通じてユーザーに自社を認知してもらえます。
投稿するコンテンツのカラーやシーンを統一することで、ターゲットユーザーにブランドイメージを伝えられます。

また、投稿する写真は複数枚を並べられるため、時系列順に並べればストーリー性のある内容にすることが可能です。
ユーザーにブランドイメージを理解してもらえれば、ブランディング効果を高めて商材について知ってもらえるようになります。

ブランディング効果は潜在顧客の獲得にもつながるので、企業にとっても良いメリットとなるでしょう。

4.認知度拡大につながる

インスタグラムには3,000万人以上のユーザーが存在するため、自社商品・サービスをアプローチすれば認知度拡大につながります。
これまで認知度が低かった商材を知ってもらえるきっかけにもなるので、新しい販促経路として役立ちます。

新しい商材を開発している企業にとっても、認知度拡大につながる点はインスタグラムマーケティングを活用するメリットです。

参照:https://about.fb.com/ja/news/2019/06/japan_maaupdate-2/

5.拡散を狙える

インスタグラムでは、投稿した写真や動画を通じてアカウントが共有されることがあります。
多くのユーザーから高評価なコンテンツを投稿すれば、アカウントが共有されて拡散効果を狙えます。

アカウントの共有数が増えると、コンテンツのいいね数やコメント数が増えてフォロワー獲得にもつながるのです。
結果的に商材の認知度を向上できるようになるため、拡散効果を狙える点は、インスタグラムマーケティングのメリットの1つといえるでしょう。

インスタグラムマーケティングの実施前に知るべき4つのデメリット

インスタグラムマーケティングの実施前に知るべき4つのデメリット

インスタグラムマーケティングの実施前には、以下のような4つのデメリットがあることを理解しておきましょう。

  1. 運用リソースの確保が必要
  2. 写真・動画に高いクオリティが必要
  3. ジャンルによって競合が多い
  4. 炎上のリスクが存在する

インスタグラムマーケティングは効果的にターゲットへアプローチできる手法ですが、良い点だけでなく悪い点も少なからず存在します。
デメリットを理解したうえで、自社で取り入れるべきか判断するようにしましょう。

1.運用リソースの確保が必要

インスタグラムマーケティングを実施するには、運用リソースを確保する必要があります。
定期的な写真・動画投稿をしなければいけないため、自社ではじめるためには担当者の配置が必要です。

しかし、自社のリソースが足りていない場合、担当者の負担が大きくなりインスタグラムの運用が難しくなります。
また、インスタグラム広告を併用するなら、広告を出稿するための予算確保も大切です。

そのためインスタグラムマーケティングをはじめるときは、事前にどれくらいのリソースが必要になるのかを考えなくてはいけません。
自社だけでは対応が難しいと判断したときは、ほかのマーケティング手法を採用するか代行会社の依頼を検討しましょう。

2.写真・動画に高いクオリティが必要

インスタグラムは視覚的に商材をアピールするため、写真や動画に高いクオリティが求められます。
コンテンツのクオリティが低い場合、ターゲットユーザーの印象に残りづらくなってしまいます。

写真や動画の画質はもちろん、見やすさ、角度、説明文などにこだわることが大切です。
クオリティの高い写真・動画を制作するときは、画像編集ソフトや動画編集ソフトを利用しましょう。

3.ジャンルによって競合が多い

インスタグラムは多くの企業が参入しているため、商材のジャンルによっては競合が多いです。
競合が多いとユーザーに商材を比較されやすくなり、売上へと直結させることが難しくなります。

例えばアパレルや美容といったジャンルは競合が多く、差別化を図らなければ魅力を伝えることはできません。
また、ITや金融といった無形商材は写真や動画で内容を伝えづらいので、発信方法を試行錯誤するとともに有益なコンテンツを企画する必要があります。

インスタグラムマーケティングを実施するときは、ジャンルに対してどれくらいの競合がいるのか事前にチェックしておきましょう。

4.炎上のリスクが存在する

インスタグラムをはじめ、SNSでは少なからず炎上のリスクがあります。
展開している商材に問題があったり、利用者からのクレームが発生したりすると炎上の原因となります。

炎上について対策をしなければ、自社ブランドに傷がついて顧客の信用を失ってしまう可能性が高いです。
炎上を防止するには、定期的にインスタグラムの口コミをチェックして悪評があれば謝罪文を送るようにすることが大切です。

炎上が発生したときは放置するのではなく、早急な対応ができるようにしておきましょう。

インスタグラムマーケティングを成功させる戦略

インスタグラムマーケティングを成功させる戦略方法

インスタグラムマーケティングを成功させるには、以下のような戦略方法があります。

戦略方法は、自社商品やサービス、ターゲットなどによって使い分けることが大切です。
市場調査をしながら、求める成果を得られる戦略を選ぶようにしましょう。

インスタグラムアカウントの運用

インスタグラムマーケティングを実施するには、アカウントを運用していく必要があります。
インスタグラムアカウントを運用する場合、写真や動画の投稿だけでなくユーザーとのコミュニケーションも必要です。

魅力的なコンテンツ投稿やユーザーのコミュニケーションを継続することで、全体のエンゲージメント率(いいねやコメントなどの数値)を高めて求める成果につなげられます。
インスタグラムにはコンテンツを投稿できるフォーマットが豊富に用意されているため、目的に合わせて併用することが大切です。

インスタグラムアカウントを運用する目的を明確にしながら、継続的なアプローチをおこないましょう。

UGCの活用

UGCとは、ユーザー生成コンテンツの略です。
企業側ではなくユーザーが投稿するコンテンツを指しており、活用することで商材の購買へとつながります。

例えば自社商品・サービスの名称をハッシュタグに追加してもらうことで、ユーザーの投稿を通じて認知度を向上させることが可能です。
「ハッシュタグキャンペーン」というものがあり、自社が設定したハッシュタグをユーザーに追加してもらうことで拡散効果を期待できます。

季節やイベントに合った商材をアプローチしたいときは、関連性の高いハッシュタグを追加することで幅広いユーザーをリーチできます。
商材によってはユーザーからの投稿が有効になることもあるため、UGCをうまく活用するようにしましょう。

ショッピング機能の活用

インスタグラムのショッピング機能は、タイムラインの投稿からユーザーが直接商品を購入できる機能です。
商品・サービスの外部ページへ誘導せずに販売できるため、自社の売上に直結します。

魅力的な写真を使って商品をタグ付けすれば、興味・関心を持ったユーザーが購入へとつながります。複数の写真に商品をタグ付けできるので、雑誌やカタログのような感覚で紹介することが可能です。

自社のECサイトに誘導することもできるため、ショッピング機能をうまく活用しましょう。

インスタグラム広告の出稿

マーケティング予算を確保できるときは、インスタグラム広告の出稿も自社商品・サービスのアプローチとして有効です。
インスタグラム広告はターゲットユーザーに向けて広告を届けられるため、効率良く商材をアプローチできます。

インスタグラム広告には「写真広告」や「動画広告」、「カルーセル広告」、「ストーリーズ広告」、「コレクション広告」など豊富な種類があります。
通常の投稿と同じようにストーリーズやフィードに広告を出稿できるので、魅力的な写真を用意すれば高い効果を得ることが可能です。

自社サイトや商材ページに誘導できるため、売上につなげられるようになるでしょう。

キャンペーンの実施

キャンペーンとは、企業のフォロワー増加や新商品・サービスをアピールするためのプロモーションです。
自社の認知度向上や売上向上につながり、エンゲージメント率を向上することもできます。

インスタグラムには「ハッシュタグキャンペーン」があり、広告アカウントを作成することで実施できます。
ハッシュタグキャンペーンの応募には、投稿に対してフォローやいいね、コメント、ハッシュタグの追加などが条件となります。

ユーザーが参加しやすいキャンペーンを実施することで、求める成果を得られるようになるでしょう。
ただし、キャンペーンの実施には運営会社からルールが定められているため、プロモーションガイドラインを事前にチェックしておきましょう。

インフルエンサーマーケティングの実施

インフルエンサーマーケティングとは、知名度の高いユーザーに自社商品・サービスを紹介してもらうマーケティング手法です。
インフルエンサーには多くのファンがいるため、商材を紹介してもらえれば認知度向上や売上向上を期待できます。

実際にSNSでは、多くの企業がインフルエンサーマーケティングを活用して商材を紹介しています。
しかし、PRであることをインフルエンサーが伝えていなければ、ステルスマーケティングと判断されユーザーから悪い印象が残るうえ景品表示法に違反するので注意が必要です。

また、インフルエンサーへの依頼は必要がかかるので、十分な予算確保をしてから実施するようにしましょう。

インスタグラムマーケティングを成功させる5つのコツ

インスタグラムマーケティングを成功させる5つのコツ

インスタグラムマーケティングを成功させるには、以下のような5つのコツがあります。

  1. アカウントの方向性を決定
  2. KPI・KGIの設定
  3. ターゲットの設定
  4. ユーザーとのコミュニケーション
  5. PDCAを回す

それでは詳しく解説します。

1.アカウントの方向性を決定

まずはインスタグラムアカウントの方向性を決定することが大切です。
曖昧な方向性でインスタグラムアカウントを運用すると、成果が出るまで時間と工数がかかってしまいます。

自社商品・サービスの売上向上や認知度向上など目的を明確にすれば、アカウントの方向性が決定していきます。
具体的な運用方法を見つけることもできるため、はじめにインスタグラムアカウントの方向性を決定しましょう。

2.KPI・KGIの設定

目標に向けて戦略を考えるには、KPIとKGIの設定が必要になります。
KPIは「重要業績評価指標」、KGIは「経営目標達成指標」の意味です。

KPIは目標の達成度を測る基準であり、KGIは目標そのものを指します。
例えば3ヶ月でインスタグラムのフォロワーを1万人にすることをKGIとするなら、1週間ごとのフォロワー獲得数やいいね数などをKPIとして設定します。

インスタグラムアカウントを運営する目的によって、KPIやKGIの設定指標は異なります。
そのため目的に合わせて最適なKPI・KGIを設定するようにしましょう。

3.ターゲットの設定

次に自社商品・サービスを訴求するターゲットを設定します。
具体的なターゲットを設定することで、効果的なアプローチ方法を見つけられるようになります。

ターゲットを設定するときは、ペルソナを考えることが大切です。
ペルソナとは、商品やサービスを提供するための人物像を指します。

年齢や性別、地域、職業、家族構成、悩みなど実在する人物のようにペルソナを設定すれば、自社ターゲットが明確になります。
アカウントのコンセプトや投稿するコンテンツがイメージしやすくなるため、インスタグラムマーケティングを成功させるには具体的なターゲットを設定しておきましょう。

4.ユーザーとのコミュニケーション

積極的にユーザーとコミュニケーションを取ることで、自社ブランドの信頼感を積み上げてもらえます。
インスタグラムは投稿したコンテンツにいいねやコメントができるため、興味・関心を持ってくれたユーザーに返信することでコミュニケーションを取れます。

商品・サービスの悩みを解決できるきっかけにもなるので、顧客を購入へとつなげることが可能です。
ユーザーとコミュニケーションを取るには、定期的なコンテンツ配信やコメントへの返信などが必要です。

自社商品やサービスのファンを獲得するためにも、ユーザーとのコミュニケーションを取るようにしましょう。

5.PDCAを回す

インスタグラムマーケティングを成功させるには、PDCAを回すことが大切です。
PDCAとは、Plan(計画)、Do(実行)、Check(測定・評価)、Action(対策・改善)のプロセスを循環させるフレームワークです。

例えばインスタグラムで広告を出稿する場合、ユーザーの反応率を評価しながら改善を繰り返すことで認知度向上や売上向上へとつながります。
何が問題になっていたのかをデータとして保存しておけば、同じような失敗をせずに済みます。

PDCAはマーケティング活動において重要なフレームワークとなっているため、計画や実行だけでなく評価や改善も繰り返すようにしましょう。

インスタグラムマーケティングの注意点

インスタグラムマーケティングの注意点

インスタグラムマーケティングをはじめるときは、いくつか注意しなければいけないポイントがあります。
まず企業がインスタグラムで写真や動画を投稿する場合、自社の宣伝ばかりにならないようにしなくてはいけません。

企業の目的が商材の売上向上や認知度拡大だったとしても、宣伝ばかりの投稿になるとユーザーから嫌悪感を持たれてしまいます。
求める成果を上げるためには、ユーザーとの良好な関係性を築くことに注力する必要があります。

ユーザーにとって有益な情報を提供できれば、良好な関係性を構築可能です。
次に自社が取り扱う商材によっては、求める成果を出すことが難しくなる点も理解しておかなくてはいけません。

インスタグラムは10代〜30代の若年層ユーザーが中心となっているため、ユーザー層と合わない商材を宣伝しても成果につながらない可能性が高いです。
設定する目標によって異なりますが、取り扱う商材によってはほかのSNSマーケティングも検討するようにしましょう。

インスタグラムマーケティングの成功事例

インスタグラムマーケティングの成功事例

こちらでは、インスタグラムマーケティングの成功事例をいくつか紹介します。
実際にインスタグラムマーケティングを活用した企業戦略を知ることで、参考にしながら試せるようになります。

ぜひ参考にご覧ください。

1.BECKMANN

BECKMANN
出典元:BECKMANN

ノルウェーに拠点を置く老舗バッグブランドのBECKMANNは、インスタグラム広告からターゲティングを行うことで高いエンゲージメント率を獲得しました。
日本での知名度も向上し、1年で日本向け新商品が完売するほどの成果を出しました。

ランドセルの売上アップを目指したBECKMANNは、インスタグラム広告に小学生のニーズを満たせるキーワードを設定することで親の興味・関心を引いています。
インスタグラム広告は細かなターゲティングを行えることから、ユーザーの購買意欲を向上させることが可能です。

インスタグラム広告を活用したマーケティング戦略として、BECKMANNは代表的な成功事例といえるでしょう。

2.INTEGRATE

INTEGRATE
出典元:INTEGRATE

資生堂のブランドであるINTEGRATEは、ハッシュタグキャンペーン広告を活用した戦略を実施して認知度拡大に成功しました。
ハッシュタグキャンペーン広告は、企業が指定したハッシュタグと関連性の高い投稿をユーザーにしてもらう手法です。

INTEGRATEは「#いい女なろう」はハッシュタグを指定することで、女性ユーザーの投稿を増やして幅広い年齢層に商材をアピールしました。
ハッシュタグによる拡散効果を狙った広告となっており、国内で成功した事例の1つです。

3.GU

GU
出典元:GU

大手ファッションブランドであるGUは、ユーザー投稿(UGC)を活用することで商品の売上向上に成功しました。
GUが指定したハッシュタグを設定することで、ユーザーの投稿を公式HPで取り上げられることをメリットとしています。

ユーザーが積極的にコンテンツを投稿したくなる意欲を掻き立てているため、自社の負担をおさえながら商品をアピールできています。
また、季節に合わせたコーディネート投稿を促し、ユーザーの購入意欲を刺激して売上向上へとつなげることに成功したのです。

ユーザーに自社ブランドと関連性の高い投稿をしてもらった例として、GUはインスタグラムマーケティングに成功した事例といえます。

インスタグラムマーケティングのよくある質問

インスタグラムマーケティングのよくある質問

最後に、インスタグラムマーケティングに関するよくある質問について回答します。
インスタグラムマーケティングにはさまざまな戦略があるため、実施するためには自社に合った方法を見つける必要があります。

インスタグラムマーケティングの疑問を解消するためにも、ぜひチェックしてください。

Q.1:効果的な投稿の時間帯は?

ターゲットユーザーによって効果的な投稿時間は異なりますが、一般的には平日の朝7時、週末の朝8時〜10時がおすすめです。
平日の7時は通勤や通学がされる時間帯であるため、スマートフォンからSNSをチェックするユーザーが多いです。

また、幅広いユーザー層を狙うときは、夜中の20時〜22時に投稿すれば高い効果を期待できます。
インスタグラムのインサイト機能を活用することで、投稿したコンテンツが一番注目されている時間帯を把握できるようになります。

自社のターゲットユーザーに合わせて、最適な投稿時間を見つけてみましょう。

Q.2:1日の投稿目安は?

インスタグラムの投稿は、1日3投稿が理想的です。
朝・昼・夜に1回ずつ投稿すれば、多くのユーザーにコンテンツを見てもらえます。

しかし、重要なのはコンテンツの質であるため、投稿数だけを増やしても効果を期待できません。
また、1日の投稿数が多い場合、アカウント運営者の負担が大きくなってしまう恐れがあります。

1日3投稿はあくまで目安なので、自社のリソースに合わせて継続しやすい投稿頻度を見つけるようにしましょう。

Q.3:インスタグラム広告に必要な費用は?

インスタグラム広告に必要な費用は、利用する広告の種類によって大きく変動します。
例えば「クリック課金」の広告を利用する場合、1クリックにつき40円〜100円の費用が必要です。

ただし、取り扱う商材のジャンルによって1クリックの費用は変動していきます。
インスタグラム広告の種類別に必要な費用を知りたい方は、下記の表を参考にご覧ください。

広告の種類費用発生のタイミング費用相場
クリック課金広告が1クリックされる40円〜100円/1クリック
インプレッション広告が表示される500円〜3,000円/1,000回表示
アプリインストール課金広告からアプリがインストールされる100円〜250円/1インストール
再生数課金動画広告が再生される4円〜10円/1再生

まとめ

まとめ

今回は、インスタグラムマーケティングの詳細から実施するメリット・デメリット、成功させる戦略方法・コツについて詳しく解説しました。
インスタグラムは10代〜30代のユーザーが中心に利用しているため、ターゲットユーザーに合った商材を訴求すれば売上向上や認知度拡大につながります。

インスタグラムは写真や動画が中心となっているので、視覚効果が高い商材と相性が良いです。
インスタグラムマーケティングを成功させるには、アカウントの方向性を決定、KPI・KGIの設定、ターゲットの設定、ユーザーとのコミュニケーション、PDCAを回すといった方法がおすすめです。

また、インスタグラムの集客にお悩みの方は株式会社トリドリに相談してみてください。
株式会社トリドリは、インスタグラムをはじめSNSの集客を全体的にサポートしています。

インフルエンサーPR投稿からSNSアカウント整備まで幅広く対応できるので、ぜひご相談をお待ちしております。
ぜひインスタグラムマーケティングを取り入れて、自社が求める成果を出してみてください。

x
こちらの記事もオススメです!

ダウンロードはこちらから

お役立ち資料