SNS集客とは?Z世代の行動特徴など3つの運用ポイントを徹底解説!!

「SNSを使って認知を広めたい…」とお悩みの方へ

こんなお悩みを抱えてませんか?

『インフルエンサーPRはお金がかかりそう』

『期待する効果が出るか不安』

『やり方がわからないからめんどくさそう』

\toridori marketingなら/

登録インフルエンサー5.5万人 & 案件実施数43万件の実績をもとにサポートさせていただき、

月額5万円~気軽にインフルエンサーマーケティングを実施することができます!

資料では最新データに基づいた

SNS上でユーザーが取る消費行動についても解説しておりますので是非ご覧ください♪

皆さんはSNSを活用しているでしょうか?

現代のマーケティングにおいてSNS運用は必要不可欠なものですが、実はまだまだSNS運用していなかったり、運用方法を知らないという企業も多く存在するのです。

そこで本記事では、SNS対策をするべき理由やZ世代のSNS行動、SNSマーケティングの具体的な手法について解説します。

今SNS対策をしないと手遅れになる理由

今SNS対策をしないと手遅れになる理由は、ユーザーが情報収集するときにSNSが頻繁に活用されるからです。

10年ほど前であればテレビや雑誌、新聞などが情報の仕入れ先になっていましたが、インターネットの発達により情報社会化が進んでいる現代においてはSNSで情報収集をする方が非常に増えています。

例えば、渋谷で美味しい食べ物を探したいときには、Instagramのハッシュタグ機能で「#渋谷 グルメ」と検索したり、気になる化粧品がある場合は「#化粧品名」で検索して実際に使用した人の口コミ評判をチェックするなど、情報収集にSNSが活用されているのです。

また、ユーザーが情報収集に使用する情報検索媒体のランキングは以下の通りとなっています。

  • 第1位:Google
  • 第2位:Instagram
  • 第3位:Yahoo!

このように、御社の商品を調べたいと考えている見込み顧客はGoogleやYahoo!などの検索エンジンだけ でなく、Instagramでも情報収集したいと考えているため、SNS運用をしないと商品・サービス販売の機会損出が行っている可能性があり、現代のマーケティングにおいてSNSを運用することは非常に重要な施策なのです。

Z世代のSNS行動の特徴

Z世代のSNS行動の特徴として挙げられるのは、「大きなジャンルの検索」から「小さいジャンルの検索」をしていくということです。

例えば、渋谷でお腹が空いて何か食べたいという状況のとき、今どきのZ世代の方たちはInstagramで「#エリア×ジャンル」で検索することが多く、「#渋谷焼肉」や「#渋谷カフェ」と検索します。しかし、この時点では店舗名までは決まっておらず候補となる店舗が数多いため「大きいジャンルの検索」となります。

この「大きいジャンルの検索」で御社の投稿が上位に表示されるとユーザーの目に留まりますが、ここでは来店決定を確定するユーザーは多くはありません。

実際に気になる店舗が見つかった場合、さらに「#店舗名」で検索して、内観・外観・エリア・メニューなどの基本的な情報をチェックするとともに、どのような人が来店しているのかを調べてから来店するかどうかを決めるのです。

そのため、SNS運用においては「#エリア ジャンル」と「#商品名(#店舗名)」で検索されたときに上位表示される対策をするとともに、牽引性のあるインフルエンサーに投稿を依頼してお店のイメージをアップさせる対策も必要となります。

SNSマーケティングの具体的な手法

SNSマーケティングの具体的な手法は以下の5つになります。

  • SNSアカウント運用
  • SNSの広告配信
  • SNSキャンペーン
  • ソーシャルリスニング
  • インフルエンサーマーケティング

それぞれのSNSマーケティングの手法について、以下で詳しく解説します。

①SNSアカウント運用

SNSアカウント運用とは、自社でアカウントを開設し、一般的な方法でSNSに投稿することです。

Instagramであればフィード投稿やストーリーズ、X(Twitter)であればツイートやリツイートなどを行います。

SNSを運用するだけであれば費用はかからないため、SNSマーケティングの第一歩となっていますが、適切な運用方法やユーザーの需要を把握することが大切です。

②SNSの広告配信

SNSのサービス内に出稿できる広告をSNS広告といい、Instagram広告・Twitter広告・TikTok広告・YouTube広告など、さまざまな種類があります。

SNSマーケティングの基本となるInstagram広告では、ストーリーズの間に表示される広告やフィード投稿の間に表示される広告が主となります。

SNS広告は性別や居住エリアなどからターゲティングすることができますが、費用がかかることや広告出稿期間が終了したあとに継続的な反響が期待できないことがデメリットです。

③SNSキャンペーン

SNSキャンペーンとは、SNS運用とSNS広告を混ぜたような手法で、アカウント内でお得なキャンペーンを発信する手法です。

例えば、TwitterでSNSキャンペーンをするのであれば、フォローorリツイートしてくれた方に対して「送料無料」や「Amazonギフト券プレゼント」などを行うことを指します。

SNSキャンペーンは即効性があり拡散力がある一方で、費用がかかることや宣伝感が強くなってしまうことがデメリットになります。

④ソーシャルリスニング

ソーシャルリスニングとは、SNSで収集した情報をビジネスに活かす手法です。

例えば、SNSのアンケート機能で商品についてのアンケートを取り、反響が良かったものを新商品開発に活かすなどすることができます。

ソーシャルリスニングは直接ユーザーの意見を聞ける一方で、意見を見極めることが大切です。

⑤インフルエンサーマーケティング

インフルエンサーマーケティングとは、SNS上で影響力の強い人(インフルエンサー)に商品・サービス・店舗の情報を発信してもらうことです。

インフルエンサーのフォロワーに見てもらうことができるだけではなく、投稿に使用されたハッシュタグで検索されたときに上位表示されやすいという大きなメリットもあります。

ただし、ステルスマーケティング(ステマ)にならないように「PR表記」や

まとめ

本記事では、SNS対策をするべき理由やZ世代のSNS行動、SNSマーケティングの具体的な手法について解説しました。

SNSマーケティングの具体的な手法を表にまとめると以下の通りになります。

SNS活用手法メリットデメリット
SNSアカウント運用費用がかからない運用方法や需要が分からない方には難しい
SNSの広告配信ターゲットに適した広告が出せる運用に費用がかかる単発の施策になる
SNSキャンペーン大勢に参加してもらえる費用がかかる宣伝感が強い
ソーシャルリスニング直接意見を収集でき、還元できる意見の見極めが重要
インフルエンサーマーケティング新規・既存の流入が見込めるステマが心配な場合もある

ぜひ本記事を参考にしてSNSマーケティングの重要性を知ってみてください。

時間がなかった方・もう一度内容を見返したい方は是非動画をご覧ください。

「SNSを使って認知を広めたい…」とお悩みの方へ

こんなお悩みを抱えてませんか?

『インフルエンサーPRはお金がかかりそう』

『期待する効果が出るか不安』

『やり方がわからないからめんどくさそう』

\toridori marketingなら/

登録インフルエンサー5.5万人 & 案件実施数43万件の実績をもとにサポートさせていただき、

月額5万円~気軽にインフルエンサーマーケティングを実施することができます!

資料では最新データに基づいた

SNS上でユーザーが取る消費行動についても解説しておりますので是非ご覧ください♪

他の資料はこちら

【調査資料】ユーザー行動からみる観光業界のSNS戦略調査レポート

【お役立ち資料】超重要!InstagramハッシュタグやってはいけないNG行動3選


toridori academy

他にもインフルエンサーマーケティング・SNSマーケティングに役立つ情報を発信しています!